沢庵和尚とペッパーとミント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛媛へGO!

って、明日からの3連休を使って私が愛媛へ行くわけではなく、私の作ったお皿がそろそろ到着した頃かなと。。

まだかな?

IMG_5046.jpg
こんな作品でして、直径20数センチ。
正確には、測り忘れちゃった。(^^ゞ

IMG_5044.jpg
釉薬の調子に特徴があるでしょ。
右側の濃い色の部分はマット(失透)調です。
どんなお料理がのるか楽しみですね。

私の口に入るわけではありませんが、、、(汗)

スポンサーサイト
  1. 2008/10/10(金) 14:28:35|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

無事到着

坂下さんに送った茶碗が無事到着したとの連絡がきました。
海外発送になれない私としては、時間が掛かってひやひやしてましたが、ほっとひと安心。(^^)

ちなみに坂下さんは、↓これを選ばれたようです。
IMG_4899.jpg

ロベン・フォード氏には↓これを渡してくださるそうです。
IMG_4897.jpg

気に入って頂いた様で良かった。(^^)
  1. 2008/10/03(金) 21:29:58|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

久しぶりに陶器ネタ

ギター製作家の坂下さんに、私が作った湯呑み茶碗をお送りする約束をしていたので夫婦湯呑みを送りました。

でもって、ついでと言ってはなんですが、ロベン・フォードに以前サインを頂いたお礼にとやはり夫婦湯呑みを坂下さん経由で渡して頂けるようお願いしました。

送ったのは、こんな茶碗です。
IMG_4897.jpg
IMG_4904.jpg

どちらを選ばれるかは、坂下さんにおまかせ。。

一応個々の写真もアップしときますね↓ 続きを読む
  1. 2008/09/26(金) 11:39:11|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

岡山へGO



IMG_3925.jpg

天目の飯茶碗(夫婦)です。
ご飯が映えると良いけど。。。
いっぱい食べて元気出してね。(^^)
  1. 2007/10/29(月) 14:23:06|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

むかご御飯のお茶碗

われもこうさんに褒められたもんだから図に乗ってアップしちゃうよ!
IMG_3920.jpg

IMG_3919.jpg

IMG_3918.jpg

IMG_3921.jpg

IMG_3922.jpg

合計で7客あります。
碗型ではなく、どちらかと言うと逆反りの花型に作った飯茶碗です。
  1. 2007/10/27(土) 22:01:49|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陶芸作品

これもお茶碗です。
IMG_3721.jpg

土は、下の記事のお茶碗と同じ伊賀土の荒めの物を使いました。
釉薬は灰釉ですが、下の記事の茶碗とは違う釉薬です。
酸化焼成 1270℃で焼きました。
IMG_3722.jpg

大きさ違いの大小2つを作りました。
IMG_3723.jpg


このお茶碗は本日知人のところへ嫁ぎます。
  1. 2007/05/21(月) 10:41:40|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陶芸作品

お茶碗です。
IMG_3715.jpg

土は伊賀土の荒めの物を使いました。
釉薬は灰釉で
酸化焼成 1270℃で焼きました。
IMG_3716.jpg

内側、見込みの部分です。
2007/05/12の記事と同じ釉薬なのですが、土の違いと窯内部の置いた場所の違いで、まったく違う発色になっています。
IMG_3717.jpg

  1. 2007/05/18(金) 15:03:15|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶芸作品

下の記事のお皿と同じ時に焼いた皿です。

こちらは直径30センチほどあります。
縁の立ち上がりはこちらの方が浅いです。


IMG_3713.jpg

灰釉
酸化焼成 1270℃

下の記事の釉薬とは違う釉薬です。
  1. 2007/05/13(日) 19:36:37|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶芸作品

久しぶりに陶芸作品です。

直径25センチほどのお皿です。
IMG_3712.jpg

IMG_3711.jpg

灰釉
酸化焼成 1270℃
  1. 2007/05/12(土) 23:34:21|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

陶芸作品

最近全然アップしてないなぁ、、
と言う事で。。


直径は20センチほどのお皿です。

FI2312134_1E.jpg

裏は少しだけ削ってあります。
高台と言うほどの物はありません。
鉄分の多い真っ赤な土です。
水引きするとき、水を多く使うとすぐにへたってしまう、
扱いやすい土ではありませんが、こうやって形になるととても良い土です。

自分の思い通りにならなければ悪い事/物/人、、と思うのは思いあがりですね。

土からも教えられます。
  1. 2006/02/14(火) 19:49:19|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。